猫にも個々でこだわりのキャットフードが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は8歳になる猫と自宅で暮らしています。

飼い始めたきっかけは市の発行している里親募集の記事を見たことです。

まだ0歳の時に自宅に来て初めは水や温めのお湯、子猫用のキャットフードをあげていました。1歳になるぐらいまでは色々な種類のものを買ってきてあげても全て食べきっていました。ですが人間が大人になって味覚が変わるのと同様に猫も変わるのか単純に私の家の猫がそういう特徴を持った猫だったのかはわかりませんがある2つのキャットフード以外はあげても全く食べなくなりました。

猫はトイレの後に砂を前足でかき分けて埋める動作をしますがその2つ以外はあげても匂いを嗅いですぐに埋めようとしてしまうのです。そのことで思い出に残っているエピソードはちょうどいつもあげているキャットフードが切れてしまい夜も遅かったので、とりあえず食べなくて結局押入れにしまったままになっていたものをあげたのです。

するとお腹は空いているはずなのにそのキャットフードは食べずエサ箱の前にすごくきれいな姿勢で座ってこちらを見ていました。本当は朝になってから買いに行く予定だったのですがその姿を見たら買いにいかざるを得ないと思い、すぐに薬局に行き買ってきたら小分けになっている袋を見ただけですり寄ってきました。

キャットフード自体の味付けはメーカーは違えど同じマグロ風味なのですがここまで全く食べないものと食べるものの差が出る辺り猫にもかなり味に対して拘りがあるんだなと不思議ですが面白いと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*