夫婦で妊娠について話し合う機会を持つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は結婚してから主人とすぐに子供が欲しいと相談していましたが、なかなか授かることができませんでした。日がたつにつれて、なかなか妊娠できないことを主人も分かっていましたが、お互いプレッシャーになると思い、この話題について話すことがありませんでした。

妊娠できないことに焦りを感じ、婦人科に行ってみることにしました。そこでは、子宮がん検診を受けたり、タイミングを指導してもらったり、上質の卵子を作るための注射を打ったりしました。主人には婦人科に通っていることを何となく言いづらく、せっかくタイミングを指導してもらったり、注射をしてもらったのにタイミングを合わすことができませんでした。

ある時、妹が妊娠したのをきっかけに妊娠についての話を主人とする機会ができました。そして思い切って婦人科に通っていることも伝えました。そうすると、もっと早く教えてほしかったと言われ、なんだか安心して、それ以来妊娠するためのタイミングの話などを主人と積極的にするようになりました。そして3か月後、見事妊娠できたのです。

妊娠は女性だけの問題ではありません。夫婦でじっくり話し合って妊娠に向かえて気持ちを1つにすることで、かわいい赤ちゃんがやって来てくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*