ぱっちりおめめに憧れて

誰かと初めて合うとき一番見てしまうのは目だと思います。目が変わるだけでその人の印象は驚くほど変わります。私は小さい頃から奥二重だったのでぱっちした目の子を見るとうらやましいなぁ、と思っていました。中学生になると化粧を覚えはじめました。目の上に塗る糊や、テープで張り付けて二重にする道具があることを知りました。二重になる自分を鏡で見るたびに嬉しくなりました。それからは毎日化粧しないと不安で外には出られませんでした。友達にもすっぴんを見られるのは嫌でした。

どんどん本当に二重になることができたらどれだけ幸せだろうと思いました。二重の友達はマスカラを塗るだけで顔がはえるし、とてもうらやましかったです。奥二重に生まれたことでこんなに苦しい思いをするなんて思っていませんでした。化粧がどんなにうまくなってもテープや糊で二重を作るのには限界がありました。

近くで見たらテープや糊を使っているのはわかるし、汗をかいたり、プールにいくときは不安な気持ちでいっぱいになりました。

彼氏ができてもなんだか嘘をついているようで苦しい思いになるのです。

すっぴんとの差が激しいのも恥ずかしくてたまりません。

昔付き合っていた彼氏には詐欺じゃん、と言われたこともありました。

こんなにも苦しんでいるのにちょっとした言葉ですごく傷つきました。

そんなとき、そこまで仲良かったわけではないのですが、一重だった友人がある日突然ぱっちり二重になっていたのです!

暗いイメージだったその子は、いつも以上に明るく見え、自信でいっぱいな感じでした。

私はきっと二重の整形をしたんだなとすぐにわかりました。とても自然で化粧で頑張って二重にしているようには見えなかったのです。

そこから私は二重整形について調べてみることにしました。

整形と聞くとすごく怖いと思いがちですが、調べてみるととても手軽で安価にできるとわかりました。

それに、意外とやっているひともたくさんいることもわかりました。

いままで悩んでいたことが馬鹿馬鹿しく思えました。

二重整形を決意するまで

自分が一重だということを気にし始めたのは中学生の時でした。

好きな男子生徒がいたのですが、彼が好きな女子は学年で一番かわいかった子だったのです。

その子は自分と違って、くっきり二重でぱっちりした目をしていました。

反対に私は瞼の脂肪が多くて重たい一重だったので、どう足掻いても彼女には敵いませんでした。

それでも諦められずにアイテープを使用して二重をつくりましたが不自然になってしまって、友人からは変だと指摘されてすぐに使うのをやめました。

アイプチならどうだろうかと試してみたら、どうにか二重になりますしアイテープよりは自然な仕上がりになりますが重たい一重だからなのか、すぐに剥がれてしまいました。

水に濡れると落ちてしまうのでプールの授業には出ることができませんし、汗でも落ちてしまうのでマメに鏡で確認しながら毎日を過ごしていました。

しかし毎日毎日アイプチをしていたら、だんだん瞼が下がっていっていることに気が付きました。

最初は気のせいかと思ったのですが、日が経つとアイプチをする前よりも重たい瞼になっていたのです。

けれど私はアイプチをするようになってからモテ始めたので、今更やめるわけにはいかずに使用を続けてしまいました。

結局その後、あんまりにも瞼が下がってしまったので親に注意されて、形成外科に相談しに行きました。

アイプチを使用しすぎて瞼が伸びきってしまっているので、切開して脂肪といっしょにとりましょうという先生のススメで二重切開法の手術を受けました。

毎日アイプチをしなくてすみますし、とれる心配もありません。

あの重たい瞼がすっきりした綺麗な二重になったのでとても満足しています。

なので私は二重にしたいなら、アイプチやアイテープを使用するより二重整形をオススメします。

いずれ二重に整形してもいいんじゃないかと思う

私の主人はスッキリとしたイケメン(笑)です。

そして娘の目は主人に似たらしく、切れ長の一重。息子は私に似たようで、二重なんですけど。男性は、一重でもスッキリした顔がタイプだという女性も多くて、需要?がある訳ですが、女性の場合、やっぱりテレビや雑誌で見かけるほとんどの方がパッチリとした二重。

二重じゃなきゃ可愛くないという風潮があるように思います。

要はバランスだと思うんですけどね。

それでも小学2年生の娘は、二重に憧れるようで、私も二重に生まれたかったと言います。

好きになる男の子はいつもパッチリおめめの可愛い男の子。きっと娘は年頃になるにつれ、今より深く悩んだりするんだろうな。

だったらおおきくなった時に二重に整形してもいいんじゃないかと思うのです。

アイプチしたりメイクでなんとかごまかす日々を過ごして余計なストレス抱えるよりは、潔く整形しちゃえばいい。女子にとって、顔の悩みって一番大きなものじゃないですか?

私なんかより、すでに女子力高い娘は、きっとコスメや美容にとても感心を持つはずです。

娘が大きくなる頃は、今よりもっと整形事情も進んでいるだろうし、オープンに、二重にするくらいなら軽くできちゃうご時世だと思うんですけどね。

わきがで消極的だった私が自信を持てるようになった

わきがに気付いたのは小学校5年生でした。

自分でも気づいていたのですが友達のお姉さんに指摘を受けショックでした。

母に相談すると父がわきがであることが判明。そして「気にしないで!」の一言。と言われてもわきからへんな臭いがする。

デオドラント剤やスプレー剤色々ためしました。年頃になり男性とお付き合いすることになりました。初体験です。いいムードになってきた時彼氏から「体臭うから洗ってきて」と・・・。それも数回。ショックでした。エレベーターや飛行機、電車はとても気を使い服を着替える

わきを清潔なタオルでふくなど工夫はしていました。ある時百貨店に行きエレベーターにのるとしばらくして「わきの臭いがする」と言われ赤面してすぐ降りました。

工夫をしても効果がないと思い美容整形を受診し外科的処置を受けました。

これであのにっくき臭いから解放されると喜んでいましたが なんとまたもや同じ臭いが・・。失敗です。(この時20代)仕方なくデオドラント剤にたよりましたが当時看護師をしていて夜勤は16時間の勤務です。

忙しくてわきのケアーをしている暇はありません。意を決して二回目の手術を受けることに。

今度は皮膚科形成外科で治療することに。手術後2週間は腕を自由に使えませんでしたが今度は成功です。もう臭わないんです!

今ではノースリーブきて電車にも乗れます。大好きな海外旅行も長時間のフライトも問題なく気分よく乗れます。病院選びはとても大切です。

迷っている方は一度受診だけでもお勧めします。スメルハラスメントからも脱出。今は積極的に自信を持って行動しています。毎年夏が来るのが楽しみになりました!

わきがの臭いに苦しみ続けた結果・・・

老若男女、誰だって嫌なにおいって気になってしまうものですよね。

特にそれが自分自身から発せられる臭いだとしたら、非常に辛く、重苦しい気持ちになってしまいます。私もわきがに悩み、苦しんだ経験があります。

学校や職場、出かける先々で『なんか臭くない?』という声が聞こえたり、『こっちに来るな』と言われたこともあります。

もう、みんなが私のことを悪く言っているのではないかという考えにとらわれ、ひそひそ話や私を見る全ての目が怖くなりました。結果、学校に行くのが嫌になり何日か行けなくなったこともあります。仲の良い友達や家族は『考えすぎだよ、大丈夫だよ』と言ってくれていましたが、自分でも不快に感じる自分自身の臭いです。気持ちはなかなか晴れませんでした。

ネットや本でいろいろとわきがのことを調べたり、できるだけ臭いがしないような方法を試してみたりもしました。練り香水や制汗剤で臭いを紛らわせてみたり、わきがに聴く石鹸などを使ってみたり。しかしどれも効果はなく、『もうダメかな』と思っていました。そんな時たまたま試したわきがクリームは、気になっていた臭いが抑えられ、自分でもそんなに気にならないようになりました。

まさかと思いましたが、今までが嘘のように臭いがしないようになったのです。わきがで悩んでいる人にはぜひおすすめしたいです。

日常的なワキガのケア

ワキガの症状に悩む人々は、高い割合で日常的にケアを施しているのではないかと考えられています。脇の洗浄を徹底したり、制汗スプレーを使用する機会を設けたりすることなど、毎日実践できるケアを継続することが多いとみられているため、症状が着実に改善されることにも繋がっているのではないかと思います。

また、ワキガの人に対して利用することの推奨されるアイテムも、最近では種類が豊富に揃うようになってきており、強い関心が抱かれているのではないでしょうか。

近年ではワキガの症状に有効な薬用の商品も多く販売されるようになり、ワキガに悩んでいる人からの関心が強くなってきています。また、ワキガ対策に効果を示すクリームも、高い頻度で活用されるようになり始めていると推測されていることから、注目の度合いが増しています。

日常的なケアを徹底することの重要性が提唱されてきつつある中で、こうした専用のクリームを活用することも、この数年は普遍的なもの都市して認識されています。

今後はより数多くのケアの在り方が確立されていくと考えられているため、現在に比べてワキガの症状に悩む人が減少したり、改善されたりする人が多くなるのではないかと思います。

赤ちゃんがこんなに可愛いとは

20代半ばで結婚し、まだまだ仕事もしたいし、海外旅行やお買い物など自分にも投資したい年齢で、結婚しても専業主婦になる気は全くありませんでした。

ましてやママになるなんて絶対嫌だと思っていました。義両親から子供はまだなの?とプレッシャーをかけられると益々子どもは作らないと意地を張ってしまい、仕事と家事で毎日充実した日を過ごしていました。

ですが、30歳を過ぎた頃、女性の本能なのでしょうか。急に子どもが欲しいなと思い始め、子作りを解禁しました。仕事も切りがいいし、おめでたで退職しようなんて思っていましたが、身ごもらず退職。予定が若干狂いましたが、まあすぐできるだろうと思っていましたが、それから4.5年妊娠できず、妊娠がこんなに難しいことなのかと30代になって気づきました。

20代の頃子供はいらないと思っていた罰が当たったのかなとも感じています。専業主婦になり、不妊治療にどっぷりつかり暗いトンネルの中にいる毎日でしたが、苦労して授かった分、息子は本当に可愛いです。

20代の頃希望していない時に授かっていたらこんなに可愛がれなかったかもしれないと思います。妊活を通して、妊娠はキセキだと感じていますし、赤ちゃんは天使だと思っています。

夫婦で妊娠について話し合う機会を持つ

私は結婚してから主人とすぐに子供が欲しいと相談していましたが、なかなか授かることができませんでした。日がたつにつれて、なかなか妊娠できないことを主人も分かっていましたが、お互いプレッシャーになると思い、この話題について話すことがありませんでした。

妊娠できないことに焦りを感じ、婦人科に行ってみることにしました。そこでは、子宮がん検診を受けたり、タイミングを指導してもらったり、上質の卵子を作るための注射を打ったりしました。主人には婦人科に通っていることを何となく言いづらく、せっかくタイミングを指導してもらったり、注射をしてもらったのにタイミングを合わすことができませんでした。

ある時、妹が妊娠したのをきっかけに妊娠についての話を主人とする機会ができました。そして思い切って婦人科に通っていることも伝えました。そうすると、もっと早く教えてほしかったと言われ、なんだか安心して、それ以来妊娠するためのタイミングの話などを主人と積極的にするようになりました。そして3か月後、見事妊娠できたのです。

妊娠は女性だけの問題ではありません。夫婦でじっくり話し合って妊娠に向かえて気持ちを1つにすることで、かわいい赤ちゃんがやって来てくれます。

マカのおかげで辛い不妊から脱出できました

元から生理不順だったので不安な気持ちを抱えたまま結婚しました。

そして、その不安が的中してしまい、2年経っても子どもが出来ません。その頃になると義母から病院に行ってみてはどうかと勧められるようになりました。主人は気にしなくて良い、子どものために結婚したわけではないと言ってくれましたが長男の嫁ですし、申し訳ない気持ちで何度も離婚を考えました。

結局病院に通う事になったのですが、もちろん私理由の不妊です。主人は見事な健康体で、今別れれば健康な女性と結婚出来るのではないかとそんな事ばかりを考えていました。義妹が出来ちゃった結婚をすることになったのですが、個人的にはそれが一番辛かったです。めでたいですし嬉しい事ではあるのですが、それを割り切れるほど大人にもなれません。

そんな私達夫婦を救ってくれたのは、実は義母でした。元々オーガニックが好きな方で、3人いる子どももみんな健康体に育て上げた女性です。そんな義母がマカをプレゼントしてくれて、それをきっかけにサプリメントを飲むようになりました。

不思議に冷え性も治り、生理も安定してきてこれはもしかしたら?と思ったところに男の子を身ごもりました。私にはマカがすごく合っていたみたいです。